審査基準

エココン2014 の審査基準は以下の通りとし、総合的に評価し各賞を選出する。
(大賞候補については現地審査をする場合があります)

新築部門

『3年以内に新築された岩手県内の「エコ」な住宅』

住宅性能として、熱損失係数(Q値)は 1.6W/m2・K以下を満たしており、 省エネ法「住宅事業建築主の判断の基準」(トップランナー基準)が100%以上てであること。

  • 断熱・気密計画
  • 表面結露・内部結露が起こらないよう配慮されていること
  • プラスチック系防湿フィルム等が正しく施工されていること
  • 長寿命
  • 暖房計画
  • 換気計画
  • 給湯計画
  • 電気設備計画
  • 涼房( 防暑) 計画
  • イニシャルコスト
  • ランニングコスト
審査委員会のようす

リフォーム部門

『3年以内にリフォームが施された岩手県内の「エコ」な住宅で、リフォーム後、一年以上経過した住宅』

住宅性能として、熱損失係数(Q値)は 1.6W/m2・K以下、又は部位の熱貫流率U値がH11年基準(次世代省エネ基準)を満たしていること。持ち込み設備の効率向上も評価の対象といたします。

  • 断熱・気密計画
  • 表面結露・内部結露が起こらないよう配慮されていること
  • プラスチック系防湿フィルム等が正しく施工されていること
  • 長寿命
  • 暖房計画
  • 換気計画
  • 給湯計画
  • 電気設備計画
  • 涼房(防暑)計画
  • イニシャルコスト
  • ランニングコスト
認定証