エコハウスコンテストいわて 2014

今年度も多くの応募をいただきました。厳正な書類審査・現地審査を経て大賞とエコハウスビルダー認定が行われました。

エコハウスコンテストいわて 2014 表彰式のようす

先日行われた、表彰式・認定式・市民住宅会議の様子をお知らせします。
(開催日:2014年3月1日(土) / 開催場所:盛岡市おでってホール)

大賞受賞「連窓の家」

「連窓の家」受賞者プレゼン

南面に設置した大きな連窓。90cm出した軒が真夏の暑い日差しを遮り、寒い時期には太陽の熱がたっぷりリビングへ差込みます。キャットウォークもグレーチングにすることで上部の縦滑りだし窓からの太陽の光を自然にリビングへ届けます。

2階の寝室には広いロフトを設けており、ライフスタイルによって様々な用途で使用することができます。2段ベッドのようなベッドスペースにも、趣味の作業スペースとしても、思い出の品や季節の服をしまう収納として使っても、多機能な空間になっています。

ヒートポンプ機器の採用、熱交換換気システムの導入に加え、外付けブラインドを設置して、省エネの効率化を徹底しています。

詳細は「有限会社岩手ハウスサービスのサイト」にて

Q値 1.11W/m2・K C値 0.14cm2/m2
暖房 空気ヒートポンプ温水パネルヒーター 開口部 木製トリプル Ar-LowE
換気 第1種熱交換換気システム その他 外付けブラインド

応募作品と審査について

今回は20作品の応募がありました。 8名の審査員で審査が行われ、書類審査で5作品が選出されました。

最終選考に選出された5作品について現地審査を行いました。

  • 太陽をふんだんに利用した家 (有限会社 岩手ハウスサービス)
  • 連窓の家 (有限会社 岩手ハウスサービス)
  • Work楽[わーくラク]の家 (有限会社 SS建築デザイン室)
  • 南城の家 (有限会社 日高見工務店)
  • 大鐘の家 (有限会社 日高見工務店)

住宅会議:トークセッション

片岸弓枝氏 講話

森内忠良氏、越智裕氏、長土居正広の3名をパネラーとして、会場のみなさんとのトークセッションを行いました。

青森市に拠点を置きながらグローバルな活動を展開している森内建設・森内忠良社長と盛岡市にインテリアショップを構えグローバルな視点でインテリアデザインを提案し実績を上げている、クラブエイトスタジオ・越智裕社長に登場いただき、型破りな二氏のトークを楽しんでいただきました。